PROFILE

Hostal Arca de Noe

五十嵐 千尋/Chihiro Igarashi

旅するデザイナー&マンガ家。フリーランスでウェブ/グラフィックデザイン・イラスト・マンガのお仕事をしながら海外に長期滞在しています。特に中南米が大好きで趣味はサルサと語学学習。英語とスペイン語を操るトライリンガル。中国語も勉強中。


大学卒業後、新卒でグラフィックデザイナーとして広告制作会社に入社するも、今でいうブラック企業だったので一ヶ月で退社。この先社会人として働いたらこんな長い休みが取れることはないだろうと思い、2002年にNGOピースボートの地球一周の船旅にお客さんとして乗船。インターネットがあれば中東でもアフリカでも世界中から見てもらえることを実際に体験して感激し、ウェブデザイナーになることを決める。

帰国後、グラフィックとウェブデザインの両方を手掛ける制作会社等に入社し、ウェブを実際の仕事や同僚から学び、2006年にフリーランスのウェブ/グラフィックデザイナーとして独立。2007年、『フリーランスで働きながら海外で生活する』の第一弾としてハワイ・ホノルルで3ヶ月ハワイ人女性と部屋をルームシェアし滞在する。>>旅の記録・ハワイ編

2008年にはアメリカの国際教育NPO Up with Peopleのプログラムに参加。22カ国から集まった100人の若者と共にアメリカ・メキシコ・フィリピンの16都市を半年間かけて旅し、ホームステイをしながら学校訪問・病院訪問・ワークショップ・ショーを行う。

2010年、『フリーランスで働きながら海外で生活する』の第二弾としてオランダを拠点にヨーロッパにのべ5ヶ月滞在し、イギリス・ベルギー・ドイツ・デンマークなども訪れる。

Up with Peopleのプログラムで英語がだいぶ上達したものの思うようにコミュニケーションが取れなかった悔しさから、英語の独学を始める。もう一度ピースボートに乗りたいという思いから目標をピースボートの英語通訳ボランティアになることに決め、2011年にNGOピースボートの地球一周の船旅に今度は通訳として乗船。ツアーでの通訳や船内での講義の同時通訳を経験する。

帰国後、震災復興のボランティアに携わった後、メキシコに2ヶ月滞在。メキシコの友達やホストファミリーを訪ねてメキシコシティ・テピク・マサトラン・モントレイ・トレオン・カンクンなどを移動。この頃には『フリーランスで働きながら海外で生活する』のは自分の中で当たり前になり、『フリーランスで働きながらどこまで移動ができるか』になってくる。

2012年、国際IC日本協会主催、第18回APYC(アジア太平洋青年会議)に通訳兼スタッフで参加。その縁でInitiatives of Change (IofC)のインドでの2週間のインターンに参加し、たくさんのよいインド人に出会う。

2013年、グアテマラ・アンティグアで3ヶ月スペイン語学校に通いスペイン語を習得。2014年までグアテマラ、メキシコ、ペルー、ボリビアで滞在したホテルの壁に絵を描いたりホステルのホームページを作成するなど、大好きな中南米で働きながら旅をする生活を送る。

2015年1月〜7月、エクアドル(キト・ガラパゴス)に滞在しながら、旅のマンガを描き始める。
ガラパゴスでは英語とスペイン語の通訳としてサンクリストバル島のホテルで1ヶ月働きながら滞在する。

2016年7月、アメリカへ。8年前にUp with Peopleで滞在したソルトレイクシティのホストファミリーと再会し、1週間滞在。その後ロサンゼルスに1ヶ月半滞在し、日中は部屋でウェブの仕事、夜はサルサ三昧の生活を送る。>>ロサンゼルスのサルサ情報まとめ・2016年夏
11月、タイのチェンマイにUp with Peopleでのタイ人の友人を訪ね、1ヶ月滞在。念願のランタンフェスティバルに参加。

2017年4月、4度目の台湾へ。台北、台中、台南をまわり、台北でサルサのレッスンを取ったり、台湾の友達に会ったりと1ヶ月滞在。帰国後、中国語の独学を始める。日本での拠点を宮城から横浜に移す。