カルチャーショック

57_culture_shock
2013年にグアテマラ・アンティグアでスペイン語留学を始め、
小さい子どものいるホストファミリー宅に泊まっていた頃のお話。

普段から普通に良識ある家族だったので、
使用済みオムツをいきなり窓から投げ捨てるという行為に
かなり衝撃を受けました…。
今思えば小のオムツは投げずに大だけだった。

ある程度共有していたと思った「良識」が全然共有できてなかった、
というカルチャーショックだったのかも。

ちなみにこの頃の費用はnanapiに記事として書いています。
中米グアテマラでスペイン語留学!3ヶ月間にかかった費用まとめ

スペイン語の先生とはとっても仲良しだったので、
ホームステイ先での出来事やらサルサ教室でのことやら
プライベートほんとに何でも話してました。なつかしい。
(スペイン語の先生くらいしか当時の私の
つたないスペイン語を理解できなかったというのもあるけど…)

IMGP0705_2

イースター(セマナサンタ)にエスキプーラスに巡礼に行くのがホストマザーの家の毎年恒例の家族行事。
エスキプーラスまではグアテマラシティから車で5〜6時間くらい。

IMGP0736_2

エスキプーラスには黒いキリスト像があり、

IMGP0712

セマナサンタの時期にはたくさんの人がバシリカ(大聖堂)を訪れ、
ホテルの宿泊費を払えないけど巡礼に来たい人たちが敷地内にテントを張ってます。

IMGP0714

ド派手な民族衣装の先住民の方々。

IMGP0715_2

エスキプーラス名物、派手な帽子。

IMGP0756

派手な帽子をかぶる人たち。

IMGP0687

エスキプーラスのバシリカ、全景。

IMGP0688

バシリカ前の交差点もすごい賑わい。

IMGP0689

出店もいっぱい、移動遊園地も。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る