エクアドルに荷物を送る②

エクアドルに荷物を送る2

エクアドルに荷物を送る①の続きです。

日本からEMSで送った6kg超の荷物の受取に100ドルかかると言われたあと、品名のリストを出すように言われたので答えると、

食品は受け取れない。輸入禁止。

だそうで…。
私の「日本のカレーが食べたい!」という願いは打ち砕かれたのでした…。

アナはこの時までエクアドルに食べ物を送れないというのは知らなかったのですが、後日エクアドル人の友人にこの話をすると、”受け取れなかった”エピソードをいろいろ教えてくれました。

古着が輸入禁止で、自分の服を税関で目の前で捨てられた話。好意で送ってもらったクリスマスプレゼントの引き取り税が払えず、返送した話…。

洋服は比較的新しいものは”新品”として受け取れたようですが、お気に入りでよく着ていた服は”古着”として捨てられてしまったそうです。
ちなみに2015年時点で、新品の洋服も受け取れなくなったという話も聞いたことがあります。どこに聞けば正確な情報が分かるというのがないので、不正確な情報なのですが…。

日本のEMSのエクアドル宛の禁制品リストには「食品(腐敗した食品)」と「古着(差出人と受取人が同一なら20kgまでOK)」とありますが、これは正しくないし…。
ヤマト運輸の国際宅急便のエクアドルのページには禁制品が

【各国共通の禁制品以外で、届け先の国の規制による禁制品】
食品・古着

とあるので、ヤマト運輸の情報の方が正しそうですね。

とりあえず、エクアドルには食品と洋服は送っちゃダメです!

この時点で、私の選択肢は「全廃棄」か「分割」か「日本に返送」の3つです。

③に続きます〜!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る