個人的なエクアドルの音楽

友達にエクアドルでヒットしてる音楽教えてーと
言われたので、思いついた曲を3曲。

中南米ではあまりにもヒットしすぎの超有名曲、
Marc Anthony(マーク・アンソニー)の
Vivir Mi Vida(自分の人生を生きる)。
2014年も2015年もほんとどこに行ってもかかっている。
この間、中学校からブラスバンドが演奏してるのが聞こえてきた。

 

エクアドルの時事ネタ。
エクアドル人女性歌手Sharon “La Hechicera”(シャロン・ラ・エチセラ)が
Madrecita Porque Me Dejas(お母さんどうして僕を置いていくの)という
亡くなった母は天国から見ているよ…という内容の曲のPVに息子2才と出演。
この曲を出したのが2014年で、
2015年1月にシャロンは高速道路でダンナと口論して車を降りて
後続の車?にひかれて亡くなった(詳しいことは調査中らしい)。
それを聞いてから見ると歌詞も映像も鳥肌立つ。
ちなみに顔も体も整形しすぎだろ!と思うけど、
こういう歌手がバスドライバーやタクシードライバーに受けるらしい。

 

サルサ教室でよくかかるので最近のお気に入り。
これも大ヒットしたらしい。
Ruben Blades(ルーベン・ブラデス)のDecisiones(決断)。
彼女を妊娠させてどうしようと悩む高校生と
近所の人妻を誘惑しようとする中年男性のお話し。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る